2013年05月19日

【つぼみ堂 HO】の電気機関車のED17の紹介

【HOゲージ】の電気機関車の【つぼみ堂】ED17の紹介です。

【つぼみ堂】ED17電気機関車

【製品仕様概要】

  HO ゲージあるいは16番と称されるもので スケールは1/80、ゲージは16.5mmです。
つぼみ堂の1970年代に製品化され長らくそのままの形態で販売されていたED17形旧型直流電気機関車です。

【つぼみ堂 HO】ED17形電気機関車
【つぼみ堂 HO】ED17形電気機関車


【つぼみ堂 HO】ED17形電気機関車
【つぼみ堂 HO】ED17形電気機関車


 車体と床板は真鍮(ブラス)製で台車も金属製で多分真鍮ドロップ製の製品です。

【つぼみ堂 HO】ED17形電気機関車
【つぼみ堂 HO】ED17形電気機関車


 動力はたて型2モーター4軸駆動仕様で、動力伝達機構はモータ軸にウォームギヤと車軸にウォームホイール、車軸間

の動力伝達は平歯車を用いたといわゆるインサイドギヤ仕様の当時の金属製の鉄道模型の代表的構成の製品です。

 前照灯と標識灯は点灯しない仕様の製品です。

 走行動作は、低速からスムーズに走行しますが、かなり古いものなのでモーターとギヤの重厚な音がします。
 通過可能カーブはR600以上のカーブを走行可能のようですがそれ以下の小半径での走行は確認していません。

 車体の状態と塗装は年代を感じさせない非常に綺麗な光沢のあるぶどう色(こげ茶色)です。

各方向から撮影した本商品の詳細写真と回転動画を下記に示しましたので参照して下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=zqNf_j8Vh-g




上記、3機種は下記某オークションに出品中で本日終了オークション予定です。

【つぼみ堂】ED17電気機関車 美品 走行整備済金属製希少品【HO】
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f128588505



 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定



アップ済動画一覧

http://www.youtube.com/user/robope023/videos
 3D MODEL TRAIN 鉄道関連

http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos
 Robot Pet Android Humanoid and etc
ロボット関連とその他


-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ

村 デザインブログ 3DCGへにほんブ

ログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------

2013年03月13日

【週刊ロビ】を3D-CG/CAD簡単ソフト【SketchUp】で作る(3Dプリンタ用データ)【ディアゴスティーニ】

 初心者でも簡単に無料で使える3DCG/CADソフトに「Google SketchUp」があります。

 このソフトでモデリングした3Dデータを(STL)等の汎用データ形式で出力し、光造形等の3Dプリンターに送ってやれば非常に安価かつ迅速で簡単に樹脂や金属の実態した部品が出来ます。

 3Dプリンタは昨今非常に安価になって10万円を切るような機種も出てきてますが、個人用ロボットやプラモデル相当の大きさの模型やフィギアの造形用に適用できるような積層ピッチが数十マイクロメートル以下の非常に細かい造形が出来る機種は、個人で所有するのはまだまだ高いのが現実です。

 それでも個人が作成した3Dデータをネット経由で3Dプリントの請負業者に送れば、比較的安価(数千円〜)に早ければ数日で3Dの部品が出来上がって送られて来るまでにはなってきています。

 ここで上記のような3Dデータを作成するには業務用の高価な3DCADソフトや3DCGソフトが必要なのではと懸念されるかもしれませんが、実は非常に安価な3DCGソフトでも3Dプリンタ用のデータは作れます。

 ということで安価で操作の簡単な3D-CG/CADソフト(Google SketchUp 8 http://www.gsu.jp/)で売り切れ続出で増版している【ディアゴスティーニ(DeAGOSTINI)】週刊ロビ(Robi)創刊号に付属の部品を元に、その部品形状を作る方法をマニュアル的な動画にしてみました。

 Google SketchUpは、個人の非営利使用に限っては無料で使用出来ます。操作作成方法を覚えれば「週刊ロビ」の改造部品や関連部品や遊具の作成もできるし、当然のように動く3DCGの「週刊ロビ」も作れます。

 「週刊ロビ」を創刊号だけ買ったけどその後定期購読する予定もない人にも部品の有効活用になるし、SketchUpの操作を覚えれば簡単な日曜大工、模型作成や部屋や庭のレイアウト変更にも使えます。


週刊ロビ創刊号付属部品一覧
 [週刊ロビ創刊号付属部品一覧]


【vol.01-01(黒目と白目と耳パネル作成編)】

 最初に、vol.01-01(黒目と白目と耳パネル作成編)とし基本的な形状で初心者にわかりやすい創刊号に付属の白目と黒目と耳パネルを3Dで作ってみました。

【週刊ロビ】を3D-CG/CADで作る01-01 白目黒目耳カバー 3Dプリンタ用【SketchUp】


 円の描画から、プッシュプルで厚みを付けたり凹ませたり削ったり、断面形状からフォローミーで回転リフトで造形したり平行移動で簡単に白目、黒目、耳カバーの部品ができます。


耳パネル3Dモデル作成画面@SketchUp
 [耳パネル3Dモデル作成画面@SketchUp]


【vol.01-02(右耳ベース作成編)】

 vol.01-02(右耳ベース作成編)では、基本的から一歩進んだ形状ですが初心者にわかりやすい同じく創刊号に付属の右耳ベースを3Dで作ってみました。

【週刊ロビ】を3D-CG/CADで作る01-02 右耳ベース 3Dプリンタ用【SketchUp】


 一見複雑な形状に見える右耳ベースの尖った角のような尖頭部分ですが、断面形状とモデリングのための治具を予め作っておけば、プッシュプルと尺度で位置を微妙にずらしながら積層させて造形することで比較的簡単に自由曲面のような面が作成出来ます。


右耳ベース尖頭部3Dモデル作成画面@SketchUp
 [右耳ベース尖頭部3Dモデル作成画面@SketchUp]

 これはSketchUpのマニュアルやヘルプには載ってないと思いますが、ネット上でブログ等を探すと乗用車や鉄道車両のボディ等の造形に用いた似たような造形方法が出てくるかと思います。
http://www.model-wave.com/syohin1.cgi?sbunid=13

右耳ベース肉抜き部分作成画面@SketchUp
 [右耳ベース肉抜き部分作成画面@SketchUp]


【vol.01-03 (フロントヘッドカバー作成編)】

 
 さらに、vol.01-03 (フロントヘッドカバー作成編)とし基本的からさらに進んだ形状ですが初心者にもわかりやすい方法で同じく創刊号に付属の フロントヘッドカバーを3Dでデータを作ってみました。

【週刊ロビ】を3D-CG/CADで作る01-03 フロントヘッドカバー 3Dプリンタ用【SketchUp】


 これは、手書きの図面や2DCADしか使ったことが無いと、どうやって部品の図面を書くのかとかどうやって三次元で造形するのかすぐには思いつかないと思いますが、フロントヘッドカバーの原型をとりあえず球体として、白目、黒目、耳カバー、耳ベースを予め回転や平行移動で三次元的に立体的な組立位置に配置してやると、フロントヘッドカバーと干渉する部分を消しゴムで消して削ってやるだけで比較的簡単に造形できるのがわかるかと思います。


フロントヘッドカバー前方切り欠き部の作成画面@SketchUp
 [フロントヘッドカバー前方切り欠き部の作成画面@SketchUp]


フロントヘッドカバー左右対称部の作成画面@SketchUp
 [フロントヘッドカバー左右対称部の作成画面@SketchUp]

フロントヘッドカバーの干渉部品の立体配置画面@SketchUp
 [フロントヘッドカバーの干渉部品の立体配置画面@SketchUp]


 上記の動画は時間を見やすい時間に切り詰めるために早送りしてあったり、一部の操作や説明を省いてあったりします。さらに、ソフトの都合上で部品の寸法縮尺は10倍で造形しています。
 SketchUpは元々建築用の大きな建物や周囲環境を作成するソフトなので「週刊ロビ」等のプラモデルサイズの造形は細かすぎてエラーが出やすいようです。


創刊号付属部品+αの3Dモデル立体配置画面@SketchUp
 [創刊号付属部品+αの3Dモデル立体配置画面@SketchUp]

 詳しい操作方法は上記の動画を繰り返し見て詳細に操作方法を解析するか、最初は何度も試行錯誤するする必要があるかもしれませんが、Google SketchUpは安価な3D-CG/CADソフトの中では(自分的には一番)操作方法が非常に簡単でわかりやすく覚えやすいのでWindows系の一般的なソフトが使える方なら初心者でも誰でもすぐに使えるレベルで、下手な2D-CADの数倍簡単です。
 
 逆に、UNIX系やDOS系の昔からあるようなCADソフトのインターフェースに慣れきっていると操作に違和感があったりわかりにくかもしれません。

 ちなみに、同様な廉価な価格帯の3D-CG/CADソフトのShadeやMetasequoiaともグラフィックインターフェイスが全く違うのでこれらのソフトに慣れていると使いにくいと感じるかもしれませんが、SketchUpが使えないようなら3D-CG/CAD系ソフトの使用は適性がないと思って諦めたほうがいいと言えるレベルのものです。


 今後、要望が多数あれば、「週刊ロビ」の創刊号以降の号の部品の作成方法の動画も公開予定ですが、資金繰りと時間の問題もあり未定です。

 以上と関係ありませんが、下記に各種鉄道模型やハードケース等のAIBO関連グッズをオークション出品中ですのでよ

ろしくお願い致します。


http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000




 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧


http://www.youtube.com/user/robope023/videos

 3D MODEL TRAIN 鉄道関連

http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos

 Robot Android Humanoid and etc
ロボット関連とその他





-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ

村 デザインブログ 3DCGへにほんブ

ログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、

その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関し

て、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------

2013年02月23日

【KATO Nゲージ】12系客車ばんえつ物語号旧塗装6両編成+オハ12 1701の紹介

【KATO】【Nゲージ】 12系客車ばんえつ物語号旧塗装6両編成+オハ12 1701の紹介です。

【製品仕様概要】

 KATO(関水金属)の10-403 12 SERIES "SL BANETSU MONOGATARI"12系客車ばんえつ物語号旧塗装6両セット

と展望車のオハ12-1701が1両の7両です。

KATO N gauge ばんえつ物語号12系客車
「KATO N gauge ばんえつ物語号12系客車ブックケース全体」


KATO N gauge ばんえつ物語号12系客車
「KATO N gauge ばんえつ物語号12系客車7両側面写真」


 6両セットの方は、SLばんえつ物語号が登場した当時の仕様の塗装と編成で、オハ12-1701はその後増車された物ですが、これは完成品ではなくKATOが次期製品として7両セットを発売した時に補修部品として販売した物を組み立てたものです。

 各車輌のスケールサイズは、Nゲージ(9mmゲージ)、スケールは約1/150です。

車体と台車はプラスチック成型品(ABS、PS、POM等)で、下回りの台枠の一部がダイキャスト製、車輪に金属製部品を使用しDC12V仕様のプラの鉄道模型の代表的構成の製品です。


KATO N gauge ばんえつ物語号12系客車
「KATO オハ12-1701 側面詳細写真」

KATO N gauge ばんえつ物語号12系客車
「KATO スハフ12 斜視方向詳細写真」


 厳密に見ると登場時の6両編成の時の12系客車の仕様とその後に展望車のオハ12 1701を追加して7両編成になった時の12系客車(スハフ12)の仕様は微妙に違うらしいのですが詳細はわかりません。

 スハフ12の乗務員室窓が小窓化改造されたり雨樋が増設されたりらしいのですが、下記に2000年に展望車7両編成になった仕様の【KATO】12系「ばんえつ物語」号の製品の説明が載っていますのでご参考にしてください。
http://rail.hobidas.com/comm/rea-n/archives/2006/09/12_1.html

 とりあえず、各車両の6方向からのスキャン写真、各方向からの詳細写真とターンテーブル上での動画をまとめてフォトアルバムにしてみましたので大画面で拡大表示してコマ送りにでもして確認して見て下さい。

 小さいながらもオコジョのシンボルマークや側面のラインやロゴも綺麗に詳細に再現されていて好感の持てる製品化と思います。

 各方向からの写真が並べてあるので、模型設計や3DCGの作成用の資料くらいにはなるかと思います。
但しあくまでも製品模型の写真ですので、当然ですが厳密な模型を作成する場合には詳細図面なり形式図は別途必要です。

【KATO】12系客車ばんえつ物語号旧塗装6両編成+オハ12 1701【N】
http://www.youtube.com/watch?v=v50T6RT8TIA



 なお、例によって上記のNゲージ車両は走行動作チェック以外ほとんど走らせることもなく3DCG作成用の参考データというか写真の動画の被写体ネタにされただけで、以前に紹介したC57-180とともに某オークションで絶賛出品中、明日終了予定ですのでよろしくお願いいたします。

【KATO】C57-180+ばんえつ物語号旧塗装7両編成【新同品】
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m105859744


KATO C57-180+ばんえつ物語号
「KATO C57-180 ばんえつ物語号 ケース表裏」


KATO C57-180+ばんえつ物語号
「KATO C57-180 機関車詳細写真」

 以上と関係ありませんが、下記に各種鉄道模型やハードケース等のAIBO関連グッズをオークション出品中ですのでよろしくお願い致します。


http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000


 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧


http://www.youtube.com/user/robope023/videos

 3D MODEL TRAIN 鉄道関連

http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos

 Robot Android Humanoid and etc
ロボット関連とその他





-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------

2013年02月20日

【DeAGOSTINI】週刊「ロビ」できる事できない事 開封動画と組立と創刊号簡単レビュー

最近TV CMがちょくちょく出てきて話題になりそうなパーソナルロボットのディアゴスティーニ 週刊「ロビ」が昨日2013/02/19に創刊号から全国発売になりました。

一部の地域では先行発売されているので詳細ご存知の方もいるかと思います。

さて、週刊「ロビ」って何?ということですが、簡単に言うと1999年にソニーから発売されたエンターテイメントロボットAIBOを二足歩行の人型にして組立キット形式で毎週分割で部品を購入し組み立てていくような物と思えば早いのでしょうか?

まあ、創刊号だけなら790円と安いのでとりあえず買ってみました。

Package01.jpg
[ディアゴスティーニ「週刊ロビ」創刊号01パッケージ]


内容物は部品としてロボットRobi(ロビ)の目玉と頭部の一部の部品とロビのミニフィギア(体長約55mm)と製品と組立方法の解説と特典等の説明の冊子が付いていました。

SnapShot(10).jpg
[「週刊ロビ」創刊号01パッケージ 内容部品]


RobiminiFigure.jpg
[「週刊ロビ」創刊号01付属 Robiのミニフィギア]


とりあえず、開封状態から部品組立までを動画にしてみましたので下記ご参照下さい。

【Robot】週刊『ロビ』創刊号01開封組立レビュー動画【ディアゴスティーニ】

https://www.youtube.com/watch?v=4vE1v8EfgSQ


まあ、今号の組立作業はただ鏡面テープを目玉の側面に貼るだけなのですがテープをシワ無く綺麗に貼るのはそこそこ難しいような気もしますが、でもまあ見えないところの反射板だしまあいいか状態です。

せっかくなのでロビのミニフィギアでBGM付きフォトアルバムも作ってみました。

【Robi】週刊ロビ創刊号 ミニフィギア フォトアルバム【DeAGOSTINI】
https://www.youtube.com/watch?v=Hl2MgEIYUFw


 ロビの機能や仕様の詳細は下記公式ホームページの説明や動画を見ればわかるはずですが
http://deagostini.jp/rbi/

実はあまり詳細は未定なのか明らかになっていないようで、公式サイトの動画やその他の情報をつなぎ合わせてまとめると現状下記のようになるかと思われます。(あくまでも当方調査内容で実際と違うかも)


★★週刊「ロビ」完成後にできる事できない事★★

【できる事】

・自己起立機能
・挨拶と握手動作
・音声認識と会話(約200の言葉、おはよう、おかえり、元気出して他)
・音声認識によるAVリモコン機能(ON/OFF ch変更 音量調整)
・留守番、訪問者確認
・掃除ロボットココロボとコミュニケーション会話
・掃除(歩行動作による足裏モップ)
・自律歩行動作
・人感知
・ダンス
・タイマーお知らせ機能(1,3,5分等)
・成長性格変化機能
・ゲーム機能
・音再生機能

【できない事】(未確認事項)

・拡張プログラミング機能(動作データはメモリーカードで提供予定)
・自己充電機能
・障害物検知
・段差境界認識
・段差登坂歩行
・無線通信(Bluetooth、無線LAN、Wi-Fi等)機能
・PC,携帯,スマホ連動機能
・メール読みあげ書込み送信機能
・カメラ撮影機能(静止画、動画)

・高速歩行
・動物感知
・顔認識

 上記の【できない事】は、特にパーソナルロボットとして必須のことというわけではなく
10年くらい前の当時のAIBO(当時7〜25万円)やその他のロボットに実際に搭載されていた機能や搭載を検討されていた機能等を列挙しただけです。
http://www.sony.jp/products/Consumer/aibo/products/successive/s_body.html

 当時とはPCやネット環境、携帯端末の機能や性能が大きく違うので簡単に比較できませんが大体の比較にはなるかと思います。

創刊号は790円ですが、その後は各号1,990円でマイコンや音声認識ボード、人感センサーが付く号は価格が変わる予定(予定価格2,990円〜4,990円)とのことで、全70号なので合計費用14万円位でしょうか。

AIBOの販売終了以降のパーソナルロボット市場の細かい状況は実はよくわからないのですが、とりあえずちょっと調べると、現状入手できる人型/ペットロボットは下記の物があるようです。


MANOI(マノイ)
http://www.kyosho.com/jpn/products/robot/
15万円〜

近藤科学(KHRシリーズ、カメ型ロボット)
http://kondo-robot.com/sys/
5万円〜

NAO 研究機関向け(価格不明12,000ユーロ?)
http://www.aldebaran-robotics.com/ja/
http://www.revast.co.jp/service/humanoid/type01.html

これは、ペットロボというよりiPhoneのカバーというか動く置台みたいですが
バンダイ スマートペット 
http://sp.asovision.com/
980円+iPhone

ということで、今後「週刊ロビ」に関してここでどう扱っていくかは未定です。

全く個人的な話ですが、今個人的に欲しい物としては下記の物があるんですよね。
資金調達とか優先順位をどうするか・・・

・TOMIX(HO)E26系カシオペア  8〜12輌   7〜12万円
・天賞堂 はと 青大将セット 7〜12輌   6〜10万円
・天賞堂 EF58 カンタム 青大将/ブルトレ色 6/12万円
・天賞堂 EH10 プラスティック 量産型      5万円〜
・デジタル一眼レフカメラ         5〜12万円
 α NEX-5/6/7,D5100,EOS Kiss X5/X6i DMC-G5
・タブレット端末(5〜7型)        数万円
 歩行自動車移動時カーナビ用、AV/鉄道模型DCC用リモコン
・掃除ロボット              4〜6万円


 以上と関係ありませんが、下記に各種鉄道模型やハードケース等のAIBO関連グッズをオークション出品中ですのでよろしくお願い致します。


http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000




 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧


http://www.youtube.com/user/robope023/videos

 3D MODEL TRAIN 鉄道関連

http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos

 Robot Android Humanoid and etc
ロボット関連とその他





-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------

2013年02月02日

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013新製品情報と動画レポート

昨日2013/2/1から横浜市JR桜木町駅、みなとみらい駅そばの横浜ランドマークホール(横浜 ランドマークプラザ5F)で開催されている「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013」における各鉄道模型メーカーの新製品情報と動画レポートです。

主な新製品の展示内容は下記

【TOMIX TOMYTEC】

新製品展示 HO E26系カシオペア 153系電車 新快速 低運転台 高運転台 コキ104形 コンテナ 私有U47A38000形 ZENTSU 琴電3000形 登場時塗装
NゲージC61 20 サンプル 国鉄101系運転台型コントローラーDX グレードアップセット 試作品 フルセット パワーパック

HOプラ 153系電車 新快速 新製品展示
ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013

HOプラ E26系カシオペア客車 新製品展示(5車種程度展示あり)
ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013

【天賞堂】

新製品 戦艦三笠 1/500 HO 青大将 44系客車 マイテ58 オシ17 ナロ10 プラスティック EH10 ダイキャスト カンタム EF66 サンプル コキ5500 EF58 青大将色ブルトレ色 C62ブラスED78 EF71 Zゲージ165系

HOプラ EH10展示サンプル(無塗装、隣室のレイアウトに走行状態の試作品も有り)
ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013

HOプラ 青大将「はと」44系客車サンプル マイテ58(ナロ10、オシ17も展示有り)
ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013

HOプラ EF58カンタム青大将色ブルトレ色他新製品案内
ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013

【グリーンマックス】

京急 横浜市営鉄道 みなとみらい線 東急相互乗り入れ モノレール 集合住宅 歩道橋 アパート

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013


【KTM カツミ】

JR東日本 キハE120・E130タイプ車体キット チャレンジシリーズ第4段
103系高運転台ATC車 京阪8000系 287系「こうのとり」「くろしお」 近畿日本鉄道10000系
国鉄JR 0系1000番台 小窓車 100系V編成「グランドひかり」211系東海道バージョン
日車夢工房 名鉄1800系 2次車 4月26日(金)カツミ大阪店 オープン!

【KATO カトー】

Nゲージ ユニトラム ユニトラム 富山ライトレール 路面軌道基本セット V50
GLACIER EXPRESS グレッシャー・エクスプレス スイス氷河急行 R150
HO EF510 北斗星 DCCサウンドコントロール R370対応キット搭載例 ユニトラック


上記内容他が下記動画にて紹介されています。

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013(1/2)【Rail Model】【HO,N,Z】
https://www.youtube.com/watch?v=zmTWkiDaIO8

上記に一部レイアウト展示内容も含まれます。

各メーカーのブースおよび物販の会場に隣接したレイアウト展示の動画は下記

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013(2/2)【Rail Model】【HO,N,Z】
https://www.youtube.com/watch?v=pY2jRwXH2hY


動画に出てくる主な内容は下記(キーワードの羅列ですみません)

TOMIX Nゲージレイアウト 機関庫
天賞堂 HOゲージレイアウト 新製品 EH10サンプル走行 未塗装 原鉄道模型館 クロコダイル
カンタムDD51 貨車 ワキ ワム 二軸貨車 103系 キハ52 カンタム
隠しループ情景付きレイアウト Zゲージ レイアウト 165系
KTM カツミ HO レイアウト 夜景 LED照明 新幹線MAX 500系 京急2100形 1000形 600形
横浜市営鉄道 1000 2000 3000形
トミックス TOMIX TOMYTEC 工場 鉄道模型の設計から製造組立出荷まで 三次元3DCAD 設計 金型加工 車輪加工 旋盤 フライス 自動組立作業 射出成形 塗装 印刷工程 マスキング 手組 検査 走行 試験用線路 ポイント クロス 梱包
KTM カツミ横浜店 店頭HO 自動折り返しレイアウト

ちなみにこれが、昨日の散財品
京急 ブルースカイトレイン 2100形 サンリオ ハロキティー 根付 ストラップ おとどけいきゅう
電車市場 東急車輛製造 京浜急行電鉄承認済

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013

-----------------------------------------------------------------------------

【ヨコハマ鉄道模型フェスタ2013 開催概要】は下記参照
http://www.festa-yokohama.jp/

NゲージやHOゲージの鉄道模型メーカー、ほんものの電車を作る車輛製造会社や電鉄会社、鉄道趣味の出版社など、鉄道に関する 沢山の企業がコラボレート出展するイベントです。

会期 2013年2月1日(金)〜2月3日(日) 
1日(金)11:00〜18:00
2日(土)11:00〜18:00
3日(日)11:00〜17:00
会場 横浜ランドマークホール(横浜 ランドマークプラザ5F)
交通 桜木町駅、みなとみらい駅
入場 無料
出展 KATO、TOMIX、グリーンマックス、天賞堂、カツミ、バンダイ、
小田急電鉄 江ノ島電鉄 横浜高速鉄道 京急ステーションコマース
日本車輌・日車夢工房 総合車両製作所・電車市場 ジェイアール西日本商事
月刊とれいん、ネコ・パブリッシング
協力 東京急行電鉄 京浜急行電鉄 機芸出版社 
ランドマークプラザ、ランドマークホール
主催 鉄道模型振興会  (お問い合わせ:TEL 03-3711-7738 (株)カツミ)
内容 鉄道模型レイアウト運転展示、巨大スクリーン映像放映、車両模型、鉄道グッズ等の展示ならびに販売。
各社展示・販売ブース     
Nゲージレイアウト(走行展示ほか)
HOゲージレイアウト(走行展示ほか)

********************************************************************

さらに追加情報ですがランドマークプラザの1Fで鉄道写真展も開催中
隣のパシフィコ横浜ではカメラと写真映像の情報発信イベントCP+
(Camera & Photo imaging show 2013 事前登録で入場無料)もやってました。
http://www.cpplus.jp/
業務用ビデオカメラの被写体用にTOMIXのHOモ510がミニレイアウトで暴走してたりしました。

http://www.youtube.com/watch?v=LE4NcFtKt4k


http://www.youtube.com/watch?v=1iG_jVeUEYU



********************************************************************


 以上と関係ありませんが、下記に各種鉄道模型やハードケース等のAIBO関連グッズをオークション出品中ですのでよろしくお願い致します。


http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000


 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧


http://www.youtube.com/user/robope023/videos

 3D MODEL TRAIN 鉄道関連

http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos

 Robot Android Humanoid and etc
ロボット関連とその他





-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------


2012年12月23日

【Canon】最安プリンターの実力を探るPIXUS iP2700レビューと動画マニュアル

 鉄道模型やロボットとは無関係ですが、今後の3Dプリンターの動向に関係しそうな話ということで、

 最近になって10年以上使っていたプリンター(E社 PM-760C)がインクを交換してもヘッドの移動操作や紙送りはできるものの全く印刷できなくなってしまったので買い換えることにしました。

 PM-760Cのインクも探せば未だに量販店やネットで買えるのですが、インクが消費期限切れだったり、ヘッドの目詰りか老朽化も考えられ、またインク一式を買うより安い機種が販売されていたので買い換えることにしました。

 せっかく10年ぶり以上にプリンターを買い換えるのだから、図面の入出力用にA3スキャン機能やA3用紙プリント、無線LAN等々の新機能を有した複合機の購入も考えましたが、いろいろ欲しい機能が入っている製品を検討するとやはり3万円程度するのと本体の大きさが大きくなって設置場所にも困ります。

 ということで、A3図面のプリント&スキャン機能はA4を切り貼りするという従来の方法で我慢して、2,3年もすればA3複合機ももっと安くなって小さくなるだろうという希望的観測の元に、とりあえず年賀はがき印刷ができて2,3年ももてば十分ということで、
【Canon】最PIXUS iP2700を購入しました。

Canon インクジェットプリンタ PIXUS IP2700

 すでに新発売後2.5年も経っている製品ですが、動画で開封作業から簡単ですがセッティング&動作のマニュアル風にまとめてみました。動作時の騒音等も騒音計で表記してあります。また動画中に印刷物の質感がわかるような画像も入っています。
https://www.youtube.com/watch?v=tzvP9DnIJbc



 ちなみに当方の今までのプリンター等の使用状況は、

 写真画質の印刷は年賀はがき程度が年に100枚程度が最高で、その他は大昔にグッドデザイン賞の展示用にA4サイズの写真ポスターを十数枚印刷した程度で通常の写真を印刷することはありませんでした。

 今後も写真はPCの画面かTV画面で見た方が大きくて綺麗なので使わないでしょう。
さらに、FAXも仕事送ってくることも10以上無いのでFAX機自体壊れたままです。

 その他の今までの使用状況は、宅配便用にA4カラーでゆうパック用の伝票プリントやはこBOONの番号を手書きしてメモする代わりに印刷とか、展示会の事前登録書の印刷とか地図の拡大印刷、領収書の印刷、プラや金属木工細工の罫書き等下書き用にA4サイズに図面を印刷する等で、たまに町内の回覧板や時刻表等をコピーしたりといった低画質な出力程度にしか使っていませんでした。

 ということで、上記の使用状況であれば印刷物の解像度や品質、印刷時間等製品の質的に上記の4,000円の使い捨てのようなプリンターで十分でしたということですね。

 さて、この非常に安価なプリンターですが、徹底的な低コストかが図られています。

例えば、USBコードも付属しないとか、排紙トレイが無くて印刷物が排紙されるとプリンタの設置台が狭いと台から落ちてしまうとか、筐体が無塗装で飾りもなく無機質で上部の蓋を開けるとそのまま給紙トレイになっていたり、インク交換時に本体上部を開けると内部が丸見えでさらに開閉部のロック機構がないので本体を傾けると開いてしまったり電源部分が実は汎用のACアダプターの出力コネクターを改造しただけのような物が本体の底面に組み込んであるだけとか、筐体も各部品も徹底的に一体化や簡素化されています。

PIXUS IP2700 内部

 また内部まで分解して開けていないのでわかりまませんが多分制御基板が1枚入っている程度かと思われます。

 さらに、決定的な低コスト化部分としては、
プリンターの心臓部とも言えるインクのヘッドがインクタンクと一体でインク交換時には、インクヘッド一体型のインクタンクを交換する仕様になっているということでしょうか。

 例えば、このインクヘッド一体型のインクタンク部分を樹脂材料を溶解して抽出するヘッドに交換して、紙送り機構あるいはヘッド自体を上下動できるような機構を付加すれば、そのまま安価な3D造形プリンターになってしまうであろうという構造なのです。

 まあ実際にはいろいろと検討課題もありますが、何れ一般消費者の3Dプリンターのニーズが拡大すれば、この製品の開発元のC社やその他E社等の民生用プリンター日本メーカーも容易に安価な3Dプリンターを供給してくれるであろうということが予想できるということです。

 さて本件のプリンターの印刷性能に関してですが、はがきの通信欄のカラー印刷が1枚1分50秒程度で、宛名欄の印刷時間が1枚20秒程度なのですので、仮に100枚の年賀状を表裏印刷しても合計4時間もかかりません。ちなみにこのPIXUS iP2700は当方の市内の家電量販店では数日前に3,680円で投売りしてました。



 今から近所のパソコン量販店に行って4,000円程度でプリンタ買ってセッティングしても1日もあれば年賀状まに合いますね。




 以上と関係ありませんが、下記に各種鉄道模型やハードケース等のAIBO関連グッズをオークション出品中ですのでよろしく

お願い致します。


http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000




 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧


http://www.youtube.com/user/robope023/videos

 3D MODEL TRAIN 鉄道関連

http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos

 Robot Android Humanoid and etc
ロボット関連とその他





-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デ

ザインブログ 3DCGへにほんブログ村 

科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その

他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかな

る事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------

posted by にぃ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | AVCその他

【加湿器】D51半流形SL機関車ペットボトル加湿器のレビューと動画マニュアル

 先日購入して使っているトーマスの形をした加湿器ですが、

日中居室等で使用している分には何ら問題なく機能しているのですが寝室で枕元で使ってみるとやはりファンの騒音が気になります。

ということで、送風ファンが無くて動作音がほとんどないと思われるSL機関車ペットボトル加湿器を超格安で某オークションで入手したのでそのレビューと動画の紹介です。

とりあえず、開封シーンから動作までの様子を動画にしましたのでお手数ですが下記動画を見てやって下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=nH8bONKLAno


パッケージ化粧箱001
パッケージ化粧箱001



パッケージ化粧箱002
パッケージ化粧箱002


パッケージはおもちゃのようで化粧箱に入っています。
ぱっと見はそこそこ期待できそうでしたが・・・


機関車型の加湿器本体の他に市販のペットボトルに装着する専用の
カートリッジキャップが付属していますが取扱説明書は下記の物しかありません。

内包物一式
内包物一式


取扱説明書
取扱説明書


本体は、D51形の初期の半流形の蒸気機関車をプロトタイプにしているようですが、動輪と先輪従輪の形状や外形の差が無かったり炭水車がなかったりです。

 まあ細かいディティールに拘るようなものでは無いのでこれはこれで十分です。ちなみに電源を入れると前照灯が何故か緑に光ります。

機関車加湿器本体
機関車加湿器本体


 さて、使用するペットボトルは300〜500mlの物を用意しろとありますが特にメーカーや形状等の細かな指定はありません。

 付属のカートリッジキャップを水道水の入ったペットボトルに装着してみたのですが、水漏れが完全に止まりません。キャップネジ部分の形状に問題があるのかあまり強くキャップを閉めるとキャップが破損しそうです。

 ということで、多少漏れてるのは無視してペットボトルを機関車形の加湿器本体に装着して加湿器を動作させてみました。

送風ファンがないのでほとんど動作音はしません。また多分超音波式の為か煙突から出るミストも全く熱くなくて寝室で使うには最適か!?

と思われました。続きは動画で・・・・



 実は、本製品は入手先に不良品ということで一旦返品して交換してもらっています。
しかしながらほとんど状況は変わらないのとMADE IN CHINA以外製造元メーカーも輸入販売元も不明なので諦めました。(- -;)

ということで、今は単なる部屋のオブジェになってます。\(^o^;;)/



 以上と関係ありませんが、下記に各種鉄道模型やハードケース等のAIBO関連グッズをオークション出品中ですのでよろしくお願い致します。


http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000


 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧


http://www.youtube.com/user/robope023/videos

 3D MODEL TRAIN 鉄道関連

http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos

 Robot Android Humanoid and etc
ロボット関連とその他





-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------
posted by にぃ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | AVCその他

2012年12月02日

【トーマス】機関車トーマス加湿器、超音波式の動画レビュー【Thomas】

鉄道模型ではありませんが、機関車トーマス加湿器(超音波式)の動画レビューです。


最近、寒くなってきてエアコンだけだと部屋が乾燥して喉や肌が乾いたりするしで
インフルエンザ予防にもなるかどうかわからないけど加湿器でも入れてみようかなと

ということで、加湿器の性能とかあまり気にしないし蒸気機関車の煙みたいに蒸気が
出てたら楽しそうかなということで、きかんしゃトーマスの加湿器を買ってみました。

【Thomas】パッケージ化粧箱
【Thomas】パッケージ化粧箱



化粧箱の説明や内包の取扱説明書を見る限りでは、
きかんしゃトーマスの公式 http://www.thomasandfriends.jp/ の
ONLINE SHOPで扱ってる物と同じものと思われます。
型式はTM-KW1101、Made in chinaで株式会社ドウシシャが輸入販売元ですが実際の製造会社は不明です。

【Thomas】スケールサイズ
【Thomas】スケールサイズ


大きさは、幅133x長さ254x高さ201mmで、本体の乾燥重量は約1kgです。
 鉄道模型でいうとどのくらいですかね。トーマスの実寸が元々わからないのですが、
1/22.5〜1/24のGゲージくらいでしょうかね?(133x22.5=2992.5、133x24=3192)

外観は、綺麗な塗装で、暗がりだったら陶器製とにも見えないくらいの質感です。模型やおもちゃにすると怖くなりがちなトーマスの顔も良く出来てる方ではないでしょうか?
 また説明書にもパッケージにも「これは玩具ではありません」と記してあります。


本体の他の付属品は、ACアダプターと交換用の超音波振動板(セラミックディスクセット)

【Thomas】本体付属品一式
【Thomas】本体付属品一式



【Thomas】A4トレーとACアダプター
【Thomas】A4トレーとACアダプター


HOの鉄道模型のように目が動いたりはしませんが結構な勢いで蒸気(ミスト)が出ます。

とりあえず、動画でレビューを作ってみましたので見てやって下さい。

【Thomas】トーマス超音波式加湿器動画レビュー Thomas ultrasonic humidifier review
http://www.youtube.com/watch?v=p4d2Oe7YEFg


話は脱線しますが、
 煙突から蒸気みたいな水蒸気みたいなミストは出ますが本トーマス加湿器は走らないので、走る方はBachmannのHOのトーマスの鉄道模型に任せました。
 ちなみに、周囲のエンドレス線路はKATOのユニトラック R370曲線です。
BachmannのHOのトーマス機関車本体は無改造でR370を走行できますが、客車(アニーとクララベル)を連結すると若干カプラーが引っかかるようギリギリです。


話をトーマス加湿器に戻します。

 本体の背面にメイン電源スイッチ他加湿量説定ボタン、タイマー説定ボタンと各状態表示ランプが付いています。


【Thomas】背面と騒音計
【Thomas】背面と騒音計


また、本体底面にはミストの送風ファンの吸気口があります。

【Thomas】底面吸気口
【Thomas】底面吸気口


 本体のは、底部本体、水タンク、上部カバーから構成さされていて特にロック機構はなく載せてあるだけで、水タンク交換時の着脱は楽ですが、地震等で横転したら周囲に本体内の水が飛び散るかな・・


 加湿量の設定変更ができますが、ミストの出具合の違いはこんなかんじです。
静止画だとわかりにくいですので上記の動画も参考にして下さい。ミストの出具合は変更できますがミストを送っている送風ファンの回転は変わらないようで説定替えても騒音も変わりません。

【Thomas】加湿器加湿量比較
【Thomas】加湿器加湿量比較


【Thomas】取扱説明書
【Thomas】取扱説明書



以上の動画レビュー等を簡単にまとめてみると

【特筆点】

・簡単操作。
・加湿量の切り替えの説定ができる高機能。
・停止タイマー付きでかつ水量の不足時にアラームが鳴り自動で停止する安全設計。
・低価格、デザインが良い、塗装が美しい。
・超音波振動板によるミストなので蒸気は熱くないので当然のように火傷の心配もない

【懸案事項というか改善提案】

・稼働時の騒音が本体の直近で約47dBある。
 騒音は、5年ぐらい前のデスクトップパソコン程度の騒音なので昼間は気にならないが深夜や寝室等での使用時は気になる人もいるかもしれない。

・水タンクへの給水時に、気をつけないと本体カバー等から雫が飛び散る。
・ACアダプターが大きくてテーブルタップやコンセント上で邪魔になる。
・給水表示ランプが表示されている時、給水しないと主電源が切れない。


ということで、多少の改善要求事項はありますが、かなり割引されていたこともありお買い得だったと思います。自分が購入したのは下記です。




 以上と関係ありませんが、下記に各種鉄道模型やハードケース等のAIBO関連グッズをオークション出品中ですのでよろしくお願い致します。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000


 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧
http://www.youtube.com/user/robope023/videos
 3D MODEL TRAIN 鉄道関連
http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos
 Robot Android Humanoid and etc
ロボット関連とその他



-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------
posted by にぃ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | AVCその他

2012年11月24日

【アリイ HO】ブルートレイン客車プラモデルカニオハネオロネ他24系25形【有井】の紹介

【アリイ】HOブルートレイン客車プラモデルカニオハネオロネ他24系25形【有井】の紹介です。


【製品仕様概要】

 プラモデル(某社の商標ですがここでは一般的なプラスティックモデルを示します)で有名なアリイ(arii)製のブルートレイン客車(24系25形)のプラキットというかプラスティックモデルその物です。

【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
1.カニ24 2.オロネ25


 ブルートレインに関しては、はカニ24(電源車)、オロネ25(個室寝台)、オハネ25(中間車)、オシ24(食堂車)、オハネフ25(後尾車)の5形式が販売されているようです。各箱に型式がわかりやすいように番号が付いています。

【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
3.オハネ25 4.オシ24 5.オハネフ25


 車輌のスケールサイズは、HO、16番(スケール(1/80)ゲージ16.5mm)で、製品の台車は車輪も含めプラスチック製ですが、鉄道模型用の金属製片輪絶縁仕様の物に履き替えれば通常のHOの16.5mmゲージの鉄道模型用線路を通常の鉄道模型車両同様に走行可能です。
【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
オハネ25 内容物


 各車体部品は射出成形のプラ素材そのままの色(青、灰色、クリーム色等)で、未塗装のプラスティック製の車体(側板2枚、妻板2枚と床板の一部が一体化)、屋根板、透明プラスチック製のはめ込み窓ガラス、内装(寝台座席と仕切り板、食堂車の厨房の仕切りと座席等)と床下機器一体型の床板とプラ製の台車とプラスティックの車輪とベーカータイプのカプラーと車番表記等のデカールと車体帯用の白いシールと説明書と展示用の線路等が含まれています。

【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
カニ24 取扱説明書


 車体の組立は基本的に接着剤は不要で、各台車を止める2本のネジを車体の床板の下の穴から貫通させて屋根板に設けられたボスに入れてねじこむだけで組み立てられます。

【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
カニ24車体前方



 またこの時窓ガラス用の透明プラ板は簡単な立体パズルのように同時に組み込め、床下機器は鉄板ウエイトを床板に挟むように取り付ける構造です。

【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
カニ24車体下方


【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
カニ24窓ガラス用透明板等


 ここで、鉄道の車両に関してプラモデルとプラスティックの鉄道模型の違いは何でしょう?という話ですが、厳密に製品ごとに分類分けするのは難しいですが大雑把に各項目の傾向を示すと下記のようになるかと思います。(クリックすると拡大表示できます)

【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】

【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
オハネ25車体妻板部詳細


【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
オシ24車体



【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
オハネフ25車体



【アリイ】24系25型客車プラキット9両新同カニオハネオロネ他【有井】
オハネフ25窓ガラス用透明板他



 鉄道模型でもキットや後付け部品の場合はランナーに付いたままの物もありますが必ずしも部品の精度が悪いということはなくこれは個別の製品ごとに様々です。また鉄道模型として売っている製品でもディスプレイ用として売っているものは塗装済みですが台車がプラスティックのままで、線路上を走行させる時は別途走行用部品に入れ替えるような製品もあります。

 上記のアリイのブルートレインですが、昨今の天賞堂、KATO、TOMIX、アクラス、トラムウェイ等の最新のプラスチック製の高価な完成品と比べると元々が1両の定価が1,000円程度の安価なプラモデルですので一部バリが残っていたりひけや反りがあったりそれなりの製品ですが、スケールや基本形状的には通常の鉄道模型と同等と思われますので、各部バリ取り等の処理を行いきちんと塗装すれば十分鉄道模型として使用に耐えるかと思います。

 さらに安価な製品ゆえに気軽に切り刻んで24系客車特有の様々な仕様やバリエーション展開やトワイライトエクスプレスやカシオペア用予備電源車カヤ27の改造用の素材等としても最適かと思います。

 また簡単なプラモデルなのでHOの初心者の方の組立や塗装等の工作練習用にも最適ではないでしょうか?

 本製品の各方向矢視から撮った詳細写真と取説をスライドショーにした動画にまとめて下記URLに載せてありますので参考にして下さい。

【ARII】ブルートレイン客車24系25形寝台特急客車キット【アリイ HO gauge】
https://www.youtube.com/watch?v=JMHB7KjdT8A



また、KATOのHO北斗星車両も既に基本セットのみ紹介済ですが参考までに比較してみて下さい。

【KATO HO】24系寝台特急「北斗星」ターンテーブル回転ビューイング
https://www.youtube.com/watch?v=ti9jv7b6ZyQ



以上 【アリイ】HOブルートレイン客車プラキット24系25形9両新同カニオハネオロネ他【有井】は日光モデルの台車と合わせてオークションに出品予定中ですのでよろしくお願い致します。台車を鉄道模型用の日光モデルのものに交換することで通常の鉄道模型と同様にスムーズな走行が可能です。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000

 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧

http://www.youtube.com/user/robope023/videos 
3D MODEL TRAIN 鉄道関連
http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos 
Robot Android Humanoid and etcロボット関連とその他



-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------

2012年11月17日

【ROBOT】Japan Robot Week 2012.10.17 ロボットイノベーションレポート【東京ビッグサイト】


 すでにダイジェストの動画はかなり前にアップ済みですが 2012.10.17から東京ビッグサイト(国際展示場)で開催されていた Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション(事前登録で無料入場可能)の会場のレポートです。
http://www.nikkan.co.jp/eve/s-robot/

Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション

 開催展示内容は、下記の展示とNEDO国際ロボットフォーラム(講演)です。

・第5回ロボット大賞 合同展示
・社会で活躍するロボットの展示 (NEDO)
・Japan robot week 2012
・つくば国際戦略総合特区

 細切れですが会場内で開催されていたNEDO国際ロボットフォーラムの様子も一部紹介しています。
説明等は入っていませんが会場を歩いて回ったままに展示内容がわかるかと思います。
(以前アップしたものを別アカウントで2分割して再アップした物で中身は一緒です)

【ROBOT】Japan Robot Week 2012 vol1-2 ロボットイノベーション
https://www.youtube.com/watch?v=OuyzMwFRRis



【ROBOT】Japan Robot Week 2012 vol2-2 ロボットイノベーション
https://www.youtube.com/watch?v=ajexWGXz4TA




 上記のビデオの内容は、HONDA ASIMO、
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション

災害対応ロボット、
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション

警備ロボット、介護ロボット、コミュニケーションロボット、
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション


介護者の動作確認、遠隔監視ロボット、医療ロボット、監視カメラロボット

Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション
 

Goggle 自動運転 ロボットカー、無人自動車、
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション


パワースーツ、スマホタブレット端末ロボット、建設、壁登り、壁拭き、掃除ロボット、搬送用、
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション


複雑な三次元形状パイプ製造、3次元鋼管曲げロボット、
部品組立ロボット、ロボット用ソフトウェア、ヘッドケア洗髪ロボット、
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション


自律型海中ロボット、災害救助ロボット
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション


NEC PAPERO
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション

ベッドが車椅子になる自律支援型ロボット等が出てきます。
Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション

出展者はPanasonic、トヨタ、早稲田大学、千葉工業大学 その他下記参照
http://www.nikkan.co.jp/eve/s-robot/list.html


 NEDO国際ロボットフォーラムは、会場内の一角で行われていたいわゆる講演ですが、事前にネットから申し込んでおけば無料で視聴可能でした。

また当日は日英同時通訳のサービスがやはり無料で行われていました。
(日英の同時翻訳の音声が聞こえる無線端末とイヤホンが貸し出されていました。)

 またNEDO国際ロボットフォーラムの全編はUストリームで配信されていたとのことで現(2012/11/17)でも視聴可能です。
http://www.nikkan.co.jp/eve/s-robot/heisai.html
↓11分まで静止画ですがその後動画が始まります。(124分)
http://www.ustream.tv/recorded/26228243


【NEDO国際ロボットフォーラム】(無料講演)

題目:「ロボットがあふれる未来  〜ヒューマノイドからロボットカーまで〜」
講演者:Google テクニカルリードマネージャー James Kuffner ジェームズ・クフナー氏

題目:「欧州におけるロボットの技術の傾向と方向」
講演者:CNRS(仏国立科学研究センター)科学ディレクター Raja Chatila 氏

題目:「NEDOが描くロボットの未来像と今後の展開」
講演者:NEDO 技術開発推進部 技術開発企画課 課長代理 真野 敦史 氏

題目:「超高齢化社会を元気にする生活支援サービスロボット事業」
講演者:パナソニック(株) 生産技術開発センター ロボット技術開発グループ グループマネージャー 本田 幸夫 氏

題目:「急成長しているロボットソフトウェア」
講演者:東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授 稲葉 雅幸 氏


 講演の内容は、各講演とも大まかに言うと現状のロボット技術の動向の紹介ですが、既にロボットは各技術分野毎に個別に開発されていた物がネットやPCの急激な進歩もあり 産業ロボット、災害救助、家電、自動車、医療、インターネット、パーソナル端末から各ソフトウェア等までの総合的な技術分野になっており、分類分け自体も無意味になってきているということでしょうか。

Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション


 言い替えると、介護用ベッドが分離して電動車椅子にもなれば、電動車椅子にPCを載せれば それはロボットカーでありそれがインターネットに無線でクラウドコンピューターと繋がっていれば 世界規模の大型コンピューターの一部であったりスマホと歩行できる胴体が合体するだけでもそれはもうパーソナルロボットであるとともにインターネット端末でもありさらにその制御や情報の授受に関するソフトウェアも世界規模で開発され改良され続けて動いているというような壮大な話です。

 もはや従来の二足歩行のロボットだけがいわゆるロボットではなく、世界で創造される工業製品の全てのものがロボット関連技術に関与していると言っても過言ではないでしょう。

 さらに、GoogleがASIMOの制御関連やGoogle Mapを利用した障害者支援のロボットカー開発に関与していたり、Panasonicも医療、介護や住宅関連に力を入れていることからも、ロボット関連分野が今後の工業界の基幹産業でありかつ成長産業であるこということがわかるような講演でした。


 また、21万円のパーソナル超低価格3Dプリンター(MakerBot 日本バイナリー(株)取扱)もデモ展示されていました。

Japan Robot Week 2012 ロボットイノベーション
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1205/17/news072.html
http://www.nihonbinary.co.jp/


☆★☆★以上とは直接関係ありませんが下記オークションにAIBO用のハードケース他を出品中ですのでよろしくお願い致します。☆★☆★
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/RXL06000



 今後も動画と写真レポートを続々アップ予定


アップ済動画一覧
http://www.youtube.com/user/robope023/videos
3D MODEL TRAIN ↑鉄道実車と鉄道模型 3DCG関連

http://www.youtube.com/user/RBP0023/videos
Robot Android Humanoid and etc ↑ロボット関連とその他


-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------