2012年03月01日

【原書房】日本国有鉄道 蒸気機関車設計図面集 とHO 蒸気機関車 カツミKTM C62、安達製作所 D51 鉄道模型社 E10


 各サイズ、スケールの鉄道模型や2D/3D CG作成やイラストを書く場合に非常に参考になる資料の紹介です。

 表題の通りの原書房刊行の「日本国有鉄道 蒸気機関車設計図面集」ですが一般の鉄道模型や鉄道の実車雑誌に載っている代表寸法だけが記載された簡易的な形式図集ではなく詳細な部品図や組立図面が多数掲載されています。

 実際の蒸気機関車の設計製造部署で作図、使用されていた設計図面を写図したり一部製図しなおしたりして見やすく再編集したもので1976年に初版が発行されたものです。

【原書房】日本国有鉄道 蒸気機関車設計図面集1

【原書房】日本国有鉄道 蒸気機関車設計図面集2


 詳細写真を下記URLに掲載してありますので内容と状態の参考にして下さい。
http://3dmodel.jp/auction/jnr-sl-designbook/

 各図面はJIS規格の基本製図の三面投影図の第三角法で書かれており、図面スケール1/20,1/40,1/80等となっており、HOの鉄道模型を設計する場合に便利なスケールになっていますが、実寸法(単位は メートル法 mm)も図面上に記載されているのでその他のスケールにも当然適応可能です。

 また、実際の現場で使用していた図面なので一般の方にはわかりづらいような難解な内容かと誤解されるかもしれませんが、通常の模型雑誌に掲載されている簡易図面を読むことができれば簡単に理解できるような内容です。

 さらに、当時の蒸気機関車の共通部品の詳細な図面や国鉄D51の半流線形部分の詳細な輪切り図面や機械設計便覧といったレアな内容も含まれています。

 各形式の部品図は各形式の全てを網羅して掲載されているわけではありませんが、同時期に設計製作された機関車は共通の部品を使用している場合が多いので参考にできます。
 特にC59とD51といった国鉄の代表機の部品形状図面はほぼ全体が記載されています。

 実車は現場の生産上の都合や改造等で必ずしも図面に忠実に製作されていない場合もありますが、設計図は鉄道車輌においては全ての基本であり、基本的構造や設計仕様の確認には必須な資料です。

 さらに蛇足ですが棒台枠の基本構成等は同時期に設計された旧型電気機関車の似たような棒台枠等の構造解析の参考にもなったりします。

 多少高価な書籍ですが、HOの機関車1輌程度の価格で実車の詳細な形状データの図面が確認できるので、Z,Nゲージ等の小型模型からライブスティーム他大型模型の設計やイラスト、2DCG、3DCG製作にいたるまで鉄道車輌の基本設計や修正の為の教科書として非常に有効な資料となると思います。

 本書籍は現在当方がヤフーオークションで出品中ですが、
☆日本国有鉄道 蒸気機関車設計図面集 【原書房】初版本?詳細図

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m98448135

 何故これだけ有用な資料を出品してるかというと1冊は保存用にもう1冊は解体してスキャナーで読み込もうかと思って2冊(1976年第1刷、2004年第7刷)持っていたのですが3Dプリンターでの造形用の資金他が欲しくて売却予定です。
 ちなみに、初版の物と2004年に再販された物は外装の箱の色以外はほとんど一緒で一部図面の表題が修正(形式2120→形式2500)にされている程度の違いしかわかりません。


 本書は出版元には在庫が無いようで、ほとんどの販売店で取り寄せあるいは在庫なしになっていますが探せば新品がまだ売っているかもしれません。

【書籍名】 日本国有鉄道 蒸気機関車設計図面集
【出版社】 株式会社 原書房 【印  刷】 昭和51年10月1日 【発  行】 昭和51年10月25日
【監  修】 日本国有鉄道車両設計事務所 【編  集】 国鉄SL図面集委員会

27p×24.5p×3.5p(厚紙製箱入 厚紙表紙 各ページ切り離し後スキャン可能なミシン目付き) 120ページ

【本書のおもな内容】下記より転載
http://www.harashobo.co.jp/new/shinkan.cgi?mode=1&isbn=00804-0
http://www.harashobo.co.jp/new/shinkan.cgi?mode=1&isbn=03782-2

----以下転載----

本来は部内用のものである設計図面全280図を、関係者の理解と協力により収集し、堅牢な一冊本にまとめた。
収録形式 230/900/2500/3200/4110/5700/6100/6200/6400/6500/6600/6760/8620/8700/8900/9200/9600/9750/9850/C10/C11/C12/C50/C51/C52/C53/C54/C55/C56/C57/C58/C59/C61/C62/D50/D51/D52/E10
 共通部品 機関車番号板 車輪外周形状 並形自動連結器組立(柴田式上作用)、後引張装置組立 注水器組立 注水器体水面計組立笛組立 缶安全弁組立 缶安全弁 缶水逆上弁組立(高圧堅形)、20kgA乙種球形止弁組立加減弁組立、加減弁テコ組立加減弁開閉テコ組立 逆転ネジ組立 手動焚口戸組立 自動焚口戸組立 自動焚口戸作用組立 ピストン弁組立 動力逆転機組立 シリンダ安全弁組立 空気弁組立 100mm空気脇路弁組立 自動脇路弁組立 給水ポンプ組立 油ポンプ組立 見送給油器組立 砂マキ器組立 作用コック組立 油バーナ組立

----以上転載----


日本国有鉄道蒸気機関車設計図面集

日本国有鉄道蒸気機関車設計図面集
著者:国鉄SL図面編集委員会
価格:17,850円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



-------------------------------------------------------------------------------------------------

さらに、今回ヤフーオークションに古いHO(16番 ゲージ16.5mm Scale;1/80)の機関車を出品中です。

【安達製作所】蒸気機関車 D51 半流形 金属製 程度良 整備済み
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/152506964
安達製作所 D51 半流形 蒸気機関車
詳細写真
http://3dmodel.jp/auction/ad-d51b/

【カツミ KTM】C62 SLシリーズ 金属製 金色塗装 程度良 整備済
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m93911890
カツミ KTM C62形 蒸気機関車
詳細写真
http://3dmodel.jp/auction/ktm-c62a/

【鉄道模型社】E10形 蒸気機関車 金属製 整備済
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w71976548
鉄道模型社 E10形 蒸気機関車
詳細写真
http://3dmodel.jp/auction/tmc-e10/


 どれも30年以上も前の鉄道模型ですが、金属製のしっかりした製品ですので今でも十分に現役で鑑賞に耐える物かと思います。

 今回出品するにあたり、車輪の清掃やグリスアップ等を施してありますので、走行性能は問題ないかと思いますが、元々が古い製品なので昨今の関水金属(KATO)や天賞堂等のプラスティックやダイキャスト製の最新機種と比較するとそれなりの物で、あまり整備のよくないレイアウトの線路や古いポイントだと集電不良を起こすかもしれません。

 機関車自体の分解組立はネジを数本外す程度で簡単に行えるので初心者でも気軽に分解組立やメンテナンス作業ができるかと思います。

 走行動作時の駆動負荷はプラ製品より多少大きめのようで、とりあえずはNゲージ用の安価なパワーアックでも走行テストくらいは出来ると思いますが長編成牽引で室内灯を多く使用する場合はパワーパック容量が足りなくなる可能性がありますので必要があればHO用の大容量のパワーパックをご使用下さい。

 車体に搭載されている部品が昨今のスーパーディティール製品のようにロストワックス部品を多用している物ではないですが、金属製の車体や台車等の質感や重厚感はプラスチック製品では味わえない高級感が味わえ、耐久性もある製品かと思います。

 また製品化後30年以上も経っている製品ですが、初心者の方がHO(16番)サイズの鉄道模型の基本構造やメンテナンス方法を習得するのにも最適な勉強材料になるかと思います。
 さらに基本構成はしっかりできているのでロストワックス等の高精度な部品を追加してディティールアップの工作練習にも最適かと思います。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。



-------------------------------------------------------------------------------
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54248577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック