2011年08月27日

【JAM2011】写真レポート KTM(カツミ)、造形村、アクラス新製品展示写真

【JAM2011】写真レポート KTM(カツミ)、造形村、アクラス新製品展示写真

 2011.8/19〜21に東京国際展示場(東京ビッグサイト)で行われていた第12回国際鉄道模型コンベンション(JAM)のレポートで、KTM(カツミ)、造形村、アクラスの展示内容の写真です。

-------------------------------------------------------------------------------

下記URLにKTM(カツミ)造形村アクラスの新製品展示写真をまとめて上げました。

【JAM2011】カツミKTM造形村アクラス新製品展示DD54 EF64 0番台他(37枚)

http://3dmodel.jp/event/jam2011/ktmaclass/


 先日の動画と速報レポート時に既に報告済で写真を紹介していなかった大物は特にありませんが、新製品の発表で個人的に好きで気になったのが、新製品発表はパネルでのみの発表ですが阪急9300系と京急2000形があります。


JR西100系 営団2000形銀座線


阪急9300系 京急2000形


 ところで、同時に発表になっているJR西日本100系は縮尺(Scale) 1/87 ゲージ16.5mmなのに対して阪急9300系と京急2000形は、縮尺(Scale) 1/80 ゲージ16.5mmとなっています。

どちらも、1435mm標準軌の車輌なのに何故縮尺(Scale)が違うのでしょうかね?

 狭軌の国鉄JRの在来線車両と標準軌の新幹線等を同一の16.5mmゲージの線路で走らせる為に在来線の狭軌車両を1/80 ゲージ16.5mmで作るのは仕方無いとしても、標準軌の私鉄車輌を1/80で作る意図がわかりません。

 国鉄在来線車輌と私鉄の縮尺を合わせる為だと言うだけなら新幹線(1/87)と標準軌私鉄(1/80)とは縮尺が合っていないのはどう説明するのでしょうか?

 標準軌私鉄車輌は、そのまま車体もゲージも1/87で作れば問題なくHO(1/87 16.5mm)になるんですがね・・・・

 実際、運転会等で新幹線(1/87)と標準軌私鉄(1/80)がレイアウトで並んでいると明らかに縮尺が違っているのがわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=le4KM1Itp6Y

 まあ、既得権益を守る以前にこのあたりの矛盾から解消して行かないと、今後の日本の鉄道模型界の市場拡大は無いような気がします。

-------------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ
にほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
 上記の記事の内容に関して、その他さらに詳しい内容は各自下記の入力欄に質問事項を入力して「検索」を押して下さい。
 なお、検索結果に関して、いかなる事故や被害損害等を被っても当方は一切責任を持てませんので悪魔でも事故責任でお願いいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47586500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック