2010年08月23日

【JAM】国際鉄道模型コンベンション レポート2010 vol.4 動画編3 屋上展示SLライブスチーム編

【JAM】国際鉄道模型コンベンション 2010.08.20 のレポートの続編で、屋上展示場/SLエリアのライブスチームや乗車可能な大型鉄道模型の展示内容の動画レポートです。


【JAM2010】市川蒸気鉄道クラブ 屋上走行乗車風景 5インチライブスチーム

 市川蒸気鉄道クラブの物は実際に人が乗れるライブスチームのSLや電機機関車、電車です。会場の屋上部分に数10mのオーバルコースが設けてありました。
 新幹線牽引の物は一瞬ゆりかもめ線のように自動運転で運転士が居ないようにも見えますが、何故か非常にスムースに運転されてました。
市川 新幹線子供運転士

 下記の動画の最後の方に客車に乗車中に撮影したシーンが映っています。平日の初日でも朝から大人気で順番待ちの長い列ができていた状態でしたが、初日の展示終了間際(16時直前)に何とか空きがあったので乗車させてもらいました。
 大の大人が乗るにはシートが小さくて身動きが取れず、カメラを構えるとバランスも上手く取れないような状況でしたが、意外に加速も早くカーブで横Gも感じる程でした。
 この貴重な乗車体験だけでも入場料の1500円の元が取れた気がしますが、実は屋上展示/SLエリアは国際鉄道模型コンベンションの検札所の外なのでフリーパスです。





【JAM2010】ライブスチーム 新機区 八木軽便鉄道 OSLSC 関東ひめはるの里

 新機区の物は上記の市川蒸気鉄道クラブの物より大きい機関車で昨年(2009年)は直線上を往復運転していましたが、今年は連続運転可能なように両端に方向転換用にリバース線が設けられていました。動画の中に試験運転中の脱線(脱輪)シーンが一瞬映っています。
新機区 ライブスチーム


下記の写真は、八木軽便鉄道展示の手動車輌です。上記のビデオに一所懸命手で漕いでいる様が映っています。
八木軽便鉄道手動鉄道

上記の動画にはOSLSC 関東ひめはるの里の車輌(SL/EC下記)の走行シーンも入っています。
OSLSC関東ひめはるの里



【JAM2010】横浜ライブスチームクラブ 第11回 国際鉄道模型コンベンション

 横浜ライブスチームクラブの展示で、大型のSLが今にも飛びそうです。暴走気味ですがその迫力はすごいです。ビデオでは一瞬早回しではないかと思えますが速度は撮ったままです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへにほんブログ村 科学ブログ ロボットへ鉄道コム
なお、詳細な展示車輌の仕様や各クラブの活動内容等は、当方は関係者ではないので、問い合わせられても答えられませんので各自下記で検索して調べて下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40337153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック